メニュー

2022年はSpecial Year!世界を巡回したMARY%20QUANT展がついに日本上陸!2022年はSpecial Year!世界を巡回したMARY%20QUANT展がついに日本上陸!

ブランドの創始者マリー・クヮントは、
1950年代後半のロンドンでミニスカートを発表し、
一躍世界にセンセーションを巻き起こした
ファッション・クリエイター。
彼女が巻き起こしたファッション・レボリューションを紹介する
展覧会が2022年11月、日本に上陸します。
これを記念し、マリー・クヮントの様々なエピソードを
1年にわたり少しずつご紹介します。

刺激的でワクワクする、
マリー・クヮントのヒストリーを楽しんで!

About Mary Quant

マリー・クヮントは、イギリス・ロンドン出身のファッション・クリエイター。
1955年に夫のアレキサンダーや友人と、チェルシーのキングスロードで始めたブティックBAZAAR(バザー)が出発点。
古いルールや既成概念に縛られないデザインで、Swinging LONDON(スインギングロンドン)と呼ばれる60年代のカルチャームーブメントを牽引した一人と言われています。マリーが発表したミニスカートは世界的なブームとなり、女性の社会進出のシンボルともとらえられるようになりました。
"自由に 自分らしく" というマリー・クヮントのスピリッツは、ブランドの商品やサービスを通じ、時代を超えて受け継がれています。

2022年はSpecial Year!世界を巡回したMARY%20QUANT展がついに日本上陸!

MARY QUANT展日本上陸記念MARY QUANT EPISODE

ブランドのアイコン・デイジーを
随時更新していきます!
どうぞお楽しみに!

  • 【2月】PARTS & LOOK【2月】PARTS & LOOK
  • 【3月】BLACK DAISY【3月】BLACK DAISY
  • 【4月】COMING SOON【4月】COMING SOON
  • 【5月】COMING SOON【5月】COMING SOON
  • 【6月】COMING SOON【6月】COMING SOON
  • 【7月】COMING SOON【7月】COMING SOON
  • 【8月】COMING SOON【8月】COMING SOON
  • 【9月】COMING SOON【9月】COMING SOON
  • 【10月】COMING SOON【10月】COMING SOON
  • 【11月】COMING SOON【11月】COMING SOON
  • 【12月】COMING SOON【12月】COMING SOON
  • 【1月】COMING SOON【1月】COMING SOON

参考文献:
MARY QUANT マリー・クヮント著、野沢佳織訳、晶文社2013年ミニの女王 マリー・クワント自伝 訳者 藤原美智子、鎌倉書房1969年

PARTS & LOOK [パーツとルック]PARTS & LOOK [パーツとルック]

All I do is provide the parts. I am happy as long as everyone enjoys combining the different parts as they like.[~私はパーツを提供するだけ。あとは皆さんが自由に組み合わせを楽しんでくれればそれで満足~]All I do is provide the parts. I am happy as long as everyone enjoys combining the different parts as they like.[~私はパーツを提供するだけ。あとは皆さんが自由に組み合わせを楽しんでくれればそれで満足~]

マリー・クヮントは、自分がデザインするアイテムをPARTS(パーツ)と呼びます。
コスメもファッションも、その全てのひとつひとつがパーツであり、それらを自由に組み合わせることによって完成するのが、マリーが提案するLOOK(ルック)です。

マリーは、1955年にロンドンのキングス・ロードにブティック「バザー」をオープンしました。
「例えばあの服に、私のタイツを組み合わせたら、もっと、ファッションが楽しくなるはず・・・。」
彼女の事業のはじまりでもあった「バザー」は、パーツの組み合わせによる楽しい雑貨感覚のショップでした。

これからはパーツやアクセサリーの時代。マリーはそう予測していました。パーツが蓄積されれば、ひとつのスタイルになる。マリーの先を読む目は確かでした。それは時代が証明してくれました。

パーツの組み合わせによるマリーのルック。「バザー」の外観。パーツの組み合わせによるマリーのルック。「バザー」の外観。

マリー・クヮントの創造の根幹にあるルックとは、単に身に着ける衣服のコーディネートを指すだけでなく、その人が醸し出す雰囲気や動作、人への接し方から、化粧の仕方、髪の結い方まで、つまり生き方を示すその人のスタイル全てを表現する言葉。ルックは、今でこそ、そうした意味でよく使われる言葉ですが、マリーが最初に考え使い始めた表現です。

マリーは、自分らしいPARTS(パーツ)の組み合わせで、その人らしいLOOK(ルック)を創造してほしいと考えています。

バザーのショーウィンドウ。モデルに囲まれたマリー・クヮント。バザーのショーウィンドウ。モデルに囲まれたマリー・クヮント。

BLACK DAISY[ブラックデイジー]BLACK DAISY[ブラックデイジー]

マリーのラフスケッチの落書きから生まれたシンボル「デイジー」マリーのラフスケッチの落書きから生まれたシンボル「デイジー」

ブランドのアイコンであるデイジーマークは、実は、若かりし頃のマリー・クヮントの落書きから偶然に生まれたもの。いたずら書きをする癖があったマリーは「ここに、何かが要る」と、ポイントのようなものがほしくて描き続けているうちにデイジーの形になりました。実際、デザイン画に描きくわえたところ、ほかのどんな形よりしっくりきたそう。
ラフデッサンをする時にも、デイジーを描くと不思議にアイデアが浮かび、他のどんなモチーフよりシンプルなデイジーがぴったり合いました。

初めのうち、デイジーの形は一定ではありませんでしたが、1966年コスメ発売の際、現在の黒い花びら5枚に、真ん中に白い円を入れて定型化されました。

商標登録されているデイジーの一部商標登録されているデイジーの一部

マリーは、デイジーのアイコンができると、ミニスカートやベルト、ドレスによく使い、実際デザインにもよくなじみました。彼女は、「デイジーは遠くからはっきり識別できるのがいいし、仲のいい女性どうしで化粧品を見せっこする時もよく目立つ。デイジーには、新鮮で繊細で、ほんのりセクシーなイメージがある。」と話しています。

科学の力では咲かせることのできない、世界でたった一輪の黒い花。それは、マリーがもたらした「自由」と、既成概念を打ち破り「独創性」を表現する「マリークヮント」ブランドのシンボルとなりました。

現在ロゴに使用されているデイジー現在ロゴに使用されているデイジー

Non Rule [ノン・ルール]Non Rule [ノン・ルール]

In a way, I didn't know that I shouldn't have done it that way, so I did.[~いってみれば私は、ルールというものをまったく知らなかった。だからこそ、思うようにできたのです~]In a way, I didn't know that I shouldn't have done it that way, so I did.[~いってみれば私は、ルールというものをまったく知らなかった。だからこそ、思うようにできたのです~]

1963年、パリでの初コレクションでマリー・クヮントが発表したのは、「ウェット・ルック」と名付けたポリ・ビニールを素材にした一連の作品。ポリ・ビニールは、それまでファッション界では誰も使ったことのない革新的な素材でした。
売れる、売れないの価値基準は二の次。ルールや既存概念にとらわれず、新しい試みや大胆なことを自由奔放にやって、愉しんでしまうのがマリーなのです。

この「ウェット・ルック・コレクション」ショーは、マリー独特のやり方で演出されていました。ジャズのBGMにのり、モデルがものすごいスピードで、次から次へ60着のドレスやスーツを15分で見せるという速さ。
見飽きたオートクチュールのショーに退屈していた会場のムードは一変し、ショーは素晴らしい成功を収めました。

それまで女性のファッションと言えば、コルセットでウエストを締めあげたドレスが常識だった概念を、マリーはミニスカートやウェット・ルックなどの発表で次々と大胆に打ち破り、鬱積していたモードの世界に新しい風を吹き込みました。
他にも、ホットパンツ、ロングブーツ、スキニーパンツ、カラーストッキング...。1960年以降にマリーが生み出したものばかり。

「ルールを知らないから自由にできた。その業界のタブーを破って登場するというのが私のスタイルのようです。」 と、マリー・クヮントは伝統に縛られた英国ファッションを斬新で刺激的なスタイルで挑発し続けたのです。

チェルシーのスタジオで制作されたウェット・ルック・コレクション。このコレクションがマリーが初めて英ファッション誌「VOGUE」の表紙を飾るきっかけに。多くのバイヤーから注文が殺到。チェルシーのスタジオで制作されたウェット・ルック・コレクション。このコレクションがマリーが初めて英ファッション誌「VOGUE」の表紙を飾るきっかけに。多くのバイヤーから注文が殺到。

Fashion in the home Fashion in the home

Isn't there a need for fashion inside the home too?[~もっと家の中にもファッションが必要じゃないかしら~]Isn't there a need for fashion inside the home too?[~もっと家の中にもファッションが必要じゃないかしら~]

1966年に化粧品を発表し、1969年英国王立芸術協会から「王室工業デザイナー」の称号を与えられ、紆余曲折しながらも順調にキャリアを積んでいたマリー・クヮント。
彼女はある日、赤ちゃんを授かっていることに気がつきました。妊娠があきらかになって以来、家で過ごすことが多くなり改めて家の中を見回すと、もっと家の中にもファッション性が必要だと思えてきました。

ちょうどこの頃(1970年代初頭)、マリーにとっても幸運なことに人々の視線は家庭の内側へと向かい始めていました。
一人息子のオーランドが生まれてからは「家の中にデザインをもちこみたい・・・」と、シーツやカーテン、壁紙などのデザインを始め、次第に眼鏡やサングラス、ベレー帽、ステーショナリー、コーヒーカップなどのデザインへと発展していきました。
ファッションデザイナーとして、航空会社のユニフォームやはじめての男性用品ネクタイをデザインしたのもこの頃です。マリーのもとには、いろんな業界からデザインの注文が殺到しました。そしてついに、マリーブランドのワインさえ発売されました。

ファッションから化粧品、そしてインテリアへと、仕事の幅を広げると共に、家庭と仕事を両立させ、精力的に活動するマリー。
洋服だけでなく、生活を取り巻く様々なものをデザインし、ライフスタイルまでも革新するデザイナーとして、その活躍の場はとどまるところを知りませんでした。

当時マリーがデザインした壁紙やベッドリネン類を含むカタログの表紙。右からマリー・クヮント、愛息オーランド、夫アレキサンダー休日には庭で、ご主人のアレキサンダー、愛息オーランドと3人で遊ぶのが、何よりの楽しみだったそう。当時マリーがデザインした壁紙やベッドリネン類を含むカタログの表紙。右からマリー・クヮント、愛息オーランド、夫アレキサンダー休日には庭で、ご主人のアレキサンダー、愛息オーランドと3人で遊ぶのが、何よりの楽しみだったそう。

TOP PAGE