メニュー

EPISODE 33:日本デビュー

マリーのコスメが日本でも発売されることになりました。

報道関係者やデザイナーなどを集めての発表会を3月10日、東京の南青山のレストラン「ノルマンディ」で開くという知らせが日本からマリーに届きました。マリーは早速、企画を担当しているスーと相談して、ムーンとパットを彼女と共に日本に派遣することにしました。(ムーンはマリーお気に入りのイギリスのトップモデル。パットは優秀なアーティストです。)

マリーが同行しなかったのは、デザイナーであるマリーの存在より、コスメにスポットライトがあたるようにという配慮からです。

発表会には300名を越す人々がつめかけました。ステージに現れた3人は、揃って「ホットパンツ姿」。そう・・・ホットパンツもマリーがデザインしたスタイルでした。(日本でもちょうど、ホットパンツが流行しはじめた頃でした。)真っ赤なアイカラーや黒・紫のリップカラーといった、その頃の日本人の感覚では作り出せないような色を使ったメークや、マリーがプロモートした「デイジー・アイ」(まぶたに緑や黄色などの鮮やかな色で小さな花を描くメーク方法)が小気味いいテンポで紹介されていきます。この意表をついた色やメークに「奇抜さだけ。特定の人にしか受け入れられないだろう。」と酷評したジャーナリストもいたほどです。

でも、結果はすぐにあきらかになりました。

感性豊かな女性たちが、オープンを知るやいなやショップに殺到したのです。

彼女のコスメは、「化粧品は化粧品売場・・・」という日本のそれまでの常識を頭から無視するかのように、ブティックやファッションの売場に並べられました。

デイジーのマークに白・黒・銀で統一されたパッケージデザインもとてもキュート。ファッショナブルな化粧品というより、ファッションそのものといった感がありました。なにより商品がユニークでした。例えば、長さが25cmもあって、好きなだけ端から切って使える「つけまつげ」や練り香水入りの指輪等々。でも、一番の人気はクレヨン風のカラーコスメでした。

スーからこの日本での反響を聞いたマリーは、どうしても日本に行きたくなりました。

EPISODE一覧へ戻る